お知らせ・イベント情報・活動報告

内閣総理大臣に「集団的自衛権行使容認と安全保障法制関連法案の成立に対する反対表明」を提出しました

2015年7月28日

コープおおいた理事会では憲法改正を含む集団的自衛権の行使容認問題については、政府による説明責任が果たされていないこと、かつ国民的な議論が進んでいないこと等から「反対」を表明しています。(虹のたより2015年3月号記事掲載)その上で、この間組合員が国民の一人としてこの問題について考える機会をつくるために国民的課題学習会を実施してきました。

 

 コープおおいたでは、安全保障法制関連法案の強行採決の動きを受け、「集団的自衛権行使容認と安全保障法制関連法案の成立に対する反対表明」(以下全文)を7月13日(月)に内閣総理大臣宛に送付しました。コープおおいた以外にも、およそ77の生協、生協連が意見書の提出や総会、総代会で関連する決議を行なっています。(2015年7月27日現在)

今後も組合員の「安心・安全・豊かなくらし」を守るため、コープおおいたでは情勢の動きを十分に注意しながら組合員と学習し、平和な社会づくりに向けた対応を行なっていきます。

 

hyoumeibun

(PDF78.8KB)

お知らせ・イベント情報・活動報告
2017年
2016年
2015年

このページの先頭へ

本部事務所 大分市青崎1丁目9-35 代表電話番号097-524-0111

© co-op oita, All rights reserved.  K-67766-1602