はじめての方・宅配・加入等

生協って何?

一人は万人のために、万人は一人のために

生協は、くらしを豊かにしたいという組合員の願いを実現するためにみんなで話し合い、力を合わせて商品を開発し、商品・サービスを通じたくらしの見直し活動に取り組む消費者自身の協同組織です。一人ひとりでは弱い立場の私たちも、みんなで力を合わせれば、大きな力を生み出すことができます。

生協のルーツ『ロッチデール物語』

今から約150年前の1844年、イギリスのロッチ デールという小さな町に世界で初めて生活協同組合が誕生しました。当時のイギリスは産業革命の真っ只中。でも労働者やその家族の生活は苦しく、上昇を続ける物価、商品供給のインチキにがまんできない人々が、自分たちの力でお店をつくり、ごまかしのない商品を安く手に入れる運動を始めたのです。
ロッチデールの生協は、三階建ての倉庫の一室で、わずか5品目の商品からスタートしました。「もっと仲間を増やして、出資金の積み立てを続けよう。自分たちの理想の生活を自分たちの力で創りあげよう」。このロッチデールの人々の理想は、現在も、私たちの活動の中に脈々と息づいているのです。

組合員が主体者です。(3つの柱)

みんなの協力で作られている生協は、組合員自身が《出資》し、商品を《利用》し、自分たちの手ですすめていく《運営》組織です。

みんなで出資

生協は、消費者一人ひとりが「より安全で、より安い物を利用したい」という願いをこめて、家計の中から拠出されたお金[出資金]を出し合って作られました。出資金はみんなの願いのこもった大切なお金。だからみんなのために使われます。

みんなで運営

生協は、組合員自身のものです。「よりよい商品」も「豊かな生活」も黙っていたのでは実現できません。商品のことなど、みんなで意見を出し合って、みんなの力で少しずつ改善されています。また、くらしを豊かにするために、地域のことや環境・子育て・福祉など、コープおおいたの様々な活動の中でみんなで話し合っていきましょう。

みんなで利用

生協の商品は、利用する立場の組合員が、手を加え、声を出し合って作ってきた安全・安心の商品です。みんなで作ったものだから、みんなで利用し、より安く、よりよい商品に育てていきましょう。


このページの先頭へ

本部事務所 大分市青崎1丁目9-35 代表電話番号097-524-0111

© co-op oita, All rights reserved.  K-67766-1602