コープおおいたの歴史

  1. ホーム
  2. コープおおいたについて
  3. コープおおいたの歴史

コープおおいたと地域の歩み

組合員のみなさまに支えられ、コープおおいたは 1952年に創立しました。
豊かなくらしの実現のため、地域とともに歩みをすすめてまいります。

会員数の移行
1952年(昭和27年)

5坪の店舗からスタート(臼杵市)

5坪の店舗からスタート(臼杵市)
1965年(昭和40年)

組合員の声から生まれた「コープみそ」

1965年(昭和40年)頃、生協の婦人部から「薬品や保存料を使わないみそを開発してほしい」という要望があがった。
当時は、みそを入れた袋が発酵して膨らまないよう防腐剤を添加することが常識だったが、試行錯誤の結果、アルコールを添加することで発酵を抑えることを発見。その後、アルコール添加はみそ、しょうゆはもとよりさまざまな商品に使われることになった。食品業界にとって革命的な出来事であった。

組合員の声から生まれた「コープみそ」
1972年(昭和47年)

米の共同購入

米は生産者と消費者の直接の流通にするべきとの考え方から、生協に米の小売免許をもらえるように働きかけてきた。しかし、政府の方針は新許可は、大都市に限るということで認可する意思がないことがあきらかになった。婦人部で再三話し合い、生協では免許がないので県経済連の総合精米所から、臼杵農協を通じて共同購入方式で取り扱いを開始することができた。

米の共同購入
1988年(昭和63年)

牛乳パック回収活動スタート

資源の再利用と福祉活動を目的として、「共同作業所どんぐりの家」と共同して取り組みはじめた。
その後、プラスチックトレー、空き缶回収などリサイクル活動が進んだ。

牛乳パック回収活動スタート
1999年(平成11年)

個人配達スタート

組合員さんの生活スタイルにあわせた商品利用形態として、個人配達がスタート。
ご自宅の玄関先までお届けするシステム。留守宅の場合はカギつき保管ができる。
また、赤ちゃん個配は配達手数料が半額でご利用いただける。

個人配達スタート
1999年(平成11年)

たまごパック回収開始

2001年(平成13年)

シルバー個配開始

2003年(平成15年)

ネット注文開始

2011年(平成23年)

弁当宅配・移動店舗販売開始

2013年(平成25年)

太陽光発電システムを導入

宇佐センター、三重センター、日出センター、コープ下郡、コープ南大分、コープ別府店、コープうすき

2014年(平成26年)

コープ上野の森口保育園開園

コープ上野の森口保育園開園
コープ上野の森口保育園開園
コープ上野の森口保育園開園
2017年(平成29年)

店舗無料送迎「お買い物サポートカー」開始

店舗無料送迎「お買い物サポートカー」開始
2017年(平成29年)

大分県

  • 九州初の生協と県が結んだ包括連携協定「大分県と生活共同組合コープおおいたとの包括連携協定」
  • 「高齢者の見守り活動に関する大分県孤立ゼロ社会推進プロジェクト協定」

ページの先頭へ