コープおおいたからのお知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ一覧
  3. 令和2年7月豪雨支援活動報告

令和2年7月豪雨支援活動報告

お知らせ2020.08.11

九重にて民家床下の復旧作業など

本日の九重VCでのコープ担当は、おうちの床下の泥だし・清掃、災害ごみの撤去など。
床下に潜り込み、息の合ったプレーで泥をかき出していきます。
全国のみなさんからボランティアセンターへ寄せられた古タオルで、泥を吸収したり、床束や根太まわりを拭いていきます。
今日の九重地区に参加したボランティアさんは、全員で6名。明日で九重VCは作業をいったん終了予定とのこと。ここから先は、復興のための地域づくりもお手伝いできたらと思います。
引き続き、安全に健康に作業を続けます!お読みいただいているみなさまも、熱中症や夏バテにはくれぐれもお気をつけください!

九重にて民家床下の復旧作業

本日の作業は、主にお住いの床下泥だしを担当しました。
床下や床板から泥を丁寧に撤去して、土嚢袋へ詰めていきます。狭いところは寝転がってジリジリと進んでいきます。
本流が土砂でせき止められたため、支流が氾濫した川の土砂を、ボランティア団体「SeRV」の皆さんと一緒に作業。川の土砂は、大人の身長よりも高く積もっていました。

九重にて民家の復旧作業

コープおおいたの班は、裏山が崩れた民家2軒の畳撤去、泥だし、土嚢づくり、土砂崩れた裏山の法面のブルーシート張りなどを担当しました。
お住いには、以前は飲み水としても利用していた湧き水が引かれていて、火照った体を時折りクールダウンさせていただきました。「オアシスでした、一気に汗も引いて気持ちよかったー!」とスタッフ^^
住民の方ともたくさんお話をさせていただきました。これからの台風が心配なことや、地域でもっている畑をどう復旧するかなどの苦悩も吐露されていました。
復旧作業のあとはくらしの再建が待っています。できることから少しずつ、みんなで支え合っていきたいと思います。

天ケ瀬にて側溝の泥だし

8月3日(月)日田市天ケ瀬VCにて復旧作業に参加しました。コープおおいたの班は側溝の泥だしを担当。側溝とは、道路の両端などを通る生活用水や雨水などを排水するU字溝のことです。
側溝の蓋をあげて泥をかきだし、一輪車にのせて集積場まで運びます。
日田の暑さに負けないよう、みんなで声を掛け合って無事に本日の作業を終了しました。明日も安全に、健康に、サポートし合いながら取り組みます。

支援物資を天ケ瀬VC様とNPO法人リエラ様へ搬入

7月30日(木)コープこうべ様からいただいた段ボール7箱分の古タオルを、天ケ瀬VCへ。被災地域への支援品としてコープ電子レンジにも強いラップ160本をNPO法人リエラ様へお送りしました。古タオルは被災家屋の片付けなどに使用され、ラップは住民のご自宅を訪問してボランティア要請を伺う「ニーズ調査」の際の支援品として活用されます。

日田市天ヶ瀬地区へ炊き出し、九重に災害支援へ

7月30日(木)日田市天ヶ瀬地区にて炊き出しを実施しました。コープおおいたの職員と組合員さんの計8名で、お味噌汁、赤魚のみぞれ煮を120食分を調理しました。デザートには日田市民生協様からのプリンを添えて、80食は天ヶ瀬の支援員さんにより被災者の方々へ届けられました。
多くの方のご協力により、支援活動が行なえております。

九重に災害支援に行きました。

7月29日(水)はコープおおいたの職員6名で、九重に災害支援に行きました。
午前中は浸水により被害を受けたご自宅の家財を集積所へ運びました。ご自宅の家財は軽トラック3台分になりました。ご自身も大変な中「このご恩は一生忘れません」とお言葉をいただきました。午後は宝泉寺温泉街へ土嚢の運び出し、泥かき支援に行きました。今後も被災地の被災者の方々に寄り添って支援を行なっていきます。

コープおおいたの職員、約40名で被災地支援

7月27日(月)に6~7名ずつでチームに分かれ、日田市天ヶ瀬地区と北友田地区で泥だしやがれき撤去などを行いました。
写真は三隈川沿いにある建物の泥出しのようすです。
建物の一階部分は完全に浸水しており、浸水した壁は湿気の影響もありカビが発生していました。業者の方とともに床板を取り除き、床板の撤去、床下の泥出しなどを行ないました。

 

日田市天ヶ瀬と中津江避難所にて炊き出しを実施

7月27日(月)天ヶ瀬(昼・夜 120食ずつ)と中津江避難所(夜 40食)にて炊き出しを実施しました。コープおおいたの職員と日田市在住の組合員さん10名ほどで、大分の郷土料理「鶏めし」「豚汁」を調理しました。
天ヶ瀬では、新型コロナウイルス対策も兼ねて、おひとりずつパック詰めして世帯ごとにお配りしました。日田市天ヶ瀬町支援員のお二人と、お食事の配達に伺った際「ありがとうございます、衣食住に困っているなかで、食事を準備してくれて助かっています。」とお声をかけていただきました。
コープおおいたは、多くの方々のサポートや組合員のみなさまのご協力によって被災地支援ができています。この感謝のきもちを、大きな支援の輪につなげていきます。

九重町被災者支援センター(九重町社会福祉協議会)へ飲料をお届け

先日、センターへお伺いした際に「炭酸が飲みたいな。。。」とおっしゃる運営スタッフさんやボランティアさんのお声をお聞きし、7月24日(金)にCO・OP麦茶10ケースとCO・OPただの炭酸水レモン風味10ケース、計480本をおおくりしました。
今後も続く復旧・復興に支援できるよう、引き続き情報交換させていただきたいと思います。

 

コープこうべ様より支援物資をいただきました

7月24日(金)にコープこうべ様より、古タオル段ボール7箱分をいただきました。
心から感謝申し上げます。被災地へ届け、支援活動にも役立てまいります。

災害支援に、日田市の天ヶ瀬へ

7月22日(水)日田市天ヶ瀬地区の現地調査、ボランティアセンターでのボランティア活動要請書のデータ入力等の作業、届いている支援物資を種類ごとに仕分ける作業を行ないました。

 

日田市天ヶ瀬の災害ボランティアセンターへ、ペットボトルの水とマスクを搬入

7月11日(土)に日田市天ヶ瀬の災害ボランティアセンターへ、ペットボトルの水を1,000本、マスクを1,000枚搬入いたしました。

 

 

令和2年7月豪雨災害で被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
九州各地で降り続いた豪雨により、大分県においても甚大な被害な被害が発生しました。
コープおおいたでは、災害支援活動を継続してまいります。

 

 

皆さまと一緒に取り組める災害支援のご案内についてはこちらから。ご支援とご協力をお願いいたします。


取材・報道に関するお問い合わせ
広報課 TEL.097-524-0119

ページの先頭へ